イルカのミュージックハーモニー

平日は6時から6時半に、お気に入りのラジオ番組がある日曜日は7時から、私はラジオを聞きながら、健康のためにウォーキングをしています。

私のお気に入りのラジオ番組は、1991年から毎週日曜日の7時から8時半まで放送されているニッポン放送の「イルカのミュージックハーモニー」です。 パーソナリティを務めているフォークシンガーイルカの軽快で飾らないトークが好評のこの番組は、この時間帯の聴取率1位をキープしている看板番組となっています。 私が好きなフォーク・ニューミュージックのリクエストが中心の録音放送が多いですが、たまに生放送があると嬉しくなります。

日曜日の爽やかな朝を迎えるのにピッタリなオープニング曲「ダンス・ウィズ・ミー」が流れ、番組がスタートします。 家庭にまつわるエピソードの名曲や、美味しい料理のメニューが紹介されたリスナーには、番組グッズが贈られます。 さらに、リスナーの結婚記念日や誕生日を祝う花を贈るコーナーもあります。 また、名曲を声に出して歌うコーナーでは、イルカと親しいゲストのミュージシャンが生歌を披露することもあり、アコースティックギターの音色がとても新鮮です。 この楽しい番組のおかげで、私のウォーキングも快調に進み、ピッチも上がります。

以前私が住んでいた町を訪れたイルカと、ミュージシャンの父親も一緒に参加したコンサートが行われました。 ふたりが奏でた見事な演奏の爽やかな曲と、楽しいトークが繰り広げられた2時間のコンサートは、「あっ」という間に終わってしまいました。

イルカの大ヒット曲「なごり雪」は、「必ず」と言っていいほど昭和の名曲や後世に伝えたい曲ベスト10に名を連ねています。 25年以上も放送されている日曜日の朝にぴったりなこのラジオ番組が末永く続き、これからも楽しい放送を聞かせてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です